海外用携帯電話をレンタルしたい人への情報サイト

>

お金の話を確認しよう

料金設定はどうなるのか

海外用の携帯電話をレンタルした場合、国際電話にならないので現地同士での通話料金がとても安くなります。また海外の電話は、通話時間30秒単位で課金される日本とは異なり、1秒単位で課金されることが多いです。こちらの料金体系のほうが通話料金を安く済ませることができます。
また一国特化型の携帯電話をレンタルする場合、使用する国によって異なるレンタル料が設定されている業者はほとんどありません。国によって通話料金の相場が異なるので、そこで料金の違いが出てきます。さらに、基本料金は企業によって異なります。
特定の国に特化したレンタル事業者もありますので、より安く使用したい場合は様々な企業を検索して比較しておくことをお勧めします。

レンタルのデメリット

携帯電話のレンタルにはデメリットも存在します。現地と日本で通話をする場合に通話料金が高くなってしまうことです。国境をまたいで通話をする場合は国際ローミングというサービスによって通話料金が高くなってしまうのです。現地同士の通話よりも日本との通話の方が確実に回数が多くなりそうだという人にはレンタルは向いていません。自分の携帯電話を持って行きましょう。
また、ほとんど携帯電話を使用しなかった場合はレンタル料金が無駄になってしまいます。あまり電話を使わないだろうという人には、レンタル料金は無料で、かかった通話料だけを支払えばよいという料金設定にしている業者もあります。そのような業者を選んで有効に利用するのも良いでしょう。


この記事をシェアする